自動車の修理や改装で利用する板金塗装に関すること

板金塗装の工程

板金塗装の仕事の工程して、何をどうやって元通りの形にしているんだろうと考えたことありませんか?私も昔、苦い体験があり、気になったことがあります。
業者によっては少し工程が違うtころもあるかもしれませんが、基本的にある工程として少し説明させていただきます。
まず板金塗装する際に、自動車のどの部分に損傷があり、どれぐらいの傷やへこみの状況なのかを、確認するとこから始まります。
その作業が終わり、確認したらその箇所を裏にドリーと呼ばれる金属の塊を裏側からあてて、表面いわゆる見える外側の方からハンマーで叩きキレイにボディーを成形していきます。
そうしたら次に縛り板金と呼ばれる工程に入ります。特殊なハンマーを使って名前の通り、金属を縛りながら仕上げていきます。変形が激しい自動車に関してはガスなどを使って作業を行なうこともあります。
板金が終了したら、傷やへこみの箇所にパテを出来るだけ薄くつけていきます。それからパテの整形する工程に入りますが、ここでの作業は確実にパテを整形していかなければいけませんので、ボディーに合わせて整形できなければ、繰り返し行なうことになるので、時間がかかること少なくありません。
そのあとに塗装に入っていきますが、まず下地から丁寧に行ない、ここで、パテでは埋まりきらなかった部分などに細かく埋める作業をあります。
そしてボディーにあった塗装を行ないますが、この時ホコリや空気が入らないように、塗装専用のブースなどで密閉された空間で必要に応じて数回繰り返して塗装を行います。
最後に研磨と呼ばれる作業をして修理箇所が周りの正常な箇所と見分けがつかないようにならし、バフ磨きをして終了です。
以上の工程が板金塗装になりますが、こうして理解すると、すごい工程が行われており、自分自身では、なかなか難しいことが分かります。