自動車の修理や改装で利用する板金塗装に関すること

板金の意味

そもそも板金っていうのは、どういうことなんだろうか。自動車と板金を連想される方が多いとは思いますが、板金という言葉だけの意味で言うと違います。
まず板金という呼び方として昔は「いたがね」と呼ばれていたこともあるそうです。現在では「ばんきん」と呼ばれています。
どのような物をとして指すのかというと、金属を薄くして平らに形成されるもののことを言います。その金属板や帯板のものを常温で加工したり、曲げたりして加工することを板金としています。
金属の材料としての一つにすぎず、そこから曲げて加工したり、切断して加工したりしてさまざまな形状にしていくことが出来ます。私たちが普段使っている日用品の数々にも板金の材料から作られています。
そのような材料がたくさん使われている物として自動車が多いのではないでしょうか。自動車のボディーはほんとどがその材料を用いられて作られています。
その言葉に付け加えて板金塗装という言葉が自動車業界でよく使われています。
事故や自分の不注意で自動車に傷が付いてしまったり、ボデイーが凹んだりしてしまうと、ショックです。一度傷やへこみが付いてしまった自動車とうのは、自分で直すのはとてもではありませんが、出来るものではありません。
板金業者であっても鉄板を元のかたちに修復するのは相当な技術が要るほど容易なことではありません。
板金とは素晴らしい技術で、この世の中には、なくてはならないほど僕達の日常の至るところで、活躍し、使われている技術です。